ヒリヒリする心を抑え、近所の神社に行って来たのだけど、その時に、写真も撮ってきた。

f:id:yarukimedesu:20111030180122j:image

 お稲荷さんに続く鳥居。あんまり意識したことはないけど、鳥居が結構並んでいる。

f:id:yarukimedesu:20111030180121j:image

 そして、お稲荷さん。…なのだが、久しぶりに来て見ると、雑木が切り払われ、道から見えるようになっていたし、新たに小奇麗な樹が植樹されていた…。

 以前の写真がないから、なんのこっちゃ分からないのだけど、以前は、外界から隔絶された、「知らない人も結構いるのじゃないか?」と思え、そして、子ども心に「ここは神社のダークスポットだ…」と思わせる感じがあったのだけど、すっかり、切り払われてしまっていた…。

 以前あった怪しい感じが…と思ったのだけど、天気が悪かったから、写真を見る限り、結構、怪しい感じがしますね。

f:id:yarukimedesu:20111030180123j:image

 帰りに池によると、池の周りも整備されていた。天気が良い日は、ここで語らう若人とかいるのだろうか?利用されないなら、意味のない工事だな…と思った。

 うっそうとしていたのが、整備されてしまうと、そこに宿っていた霊気やパワーは喪失してしまうのじゃないかな?と思った。以前なら、「なんたることを!」と思ったのだろうけど、今は、「それもありかな?」と思った。

 整備しても、いずれ、寂れていくし、失われたモノは戻ってくるだろう。天気が良い日は、池の亀でも見ながら、本でも読むのもいいかな?と思った。