知っておかないと損をする不動産売買手数料の仕組み・計算方法


不動産物件を購入する際には、その物件を仲介した宅地建物取引業者に仲介手数料を支払います。不動産売買の仲介手数料等の報酬は国交省の定めで報酬額に「上限」が決められています。


例をあげて説明すると

例1:代金が税別4000万円の分譲マンション

200万円までが5,4%(税込):200万円×5,4=108,000円

200万円から400万円までが4,32%(税込):200万円×4,32%=86,400円

400万円を超える差し引いた代金3600万円までが3,24%

:3600万円×3,24%=1,166,400円

108,000円+86,400円+1,166,400円=合計1,360,800円 となります。


ただし、面倒な計算方法であるため、400万円以上の代金であれば、

代金の3,24%+64,800円で計算する不動産業者もありますので誤解のないようにお願いします。


例2:代金が税別300万円の分譲マンション

200万円までが5,4%=108,000円

200万円を超える差し引いた代金100万円までが4,32%=43,200円

合計151,200円 となります。


以上が仲介手数料の計算方法です。

注)消費税8%の場合

注)土地付住宅や建物、土地も同じ計算方法です。


【意外と知られて無いこと・・・】

不動産を売買する際に売主と不動産業者の間で、代理契約を結べば、

不動産業者は、倍額の6%+12万円を貰うことが出来るのです。ただし、この際は、買主から仲介手数料を貰うことはできません。また、買主側に仲介業者がいて、その仲介業者が買主から3%+6万円を貰っていれば、代理不動産業者は、3%+6万円しか売主から貰うことはできません。